安全への取り組み

吉田自動車では事業内容によっては怪我や事故になる可能性もあります。

完全にゼロには人が行う以上不可能だと思います

ですが、限りなくゼロに近づける努力自体は絶対に怠っては行けない事だと考えています。

レッカー事業だけでなく、整備事業も正しい手順で行わないと、怪我や事故に繋がってしまいます。

その為に、弊社では常に各従業員にベテランの従業員を仕事のペアとして組む事を出来る限り実行しています。

1つ1つの行動という物は、完璧にマニュアル化できるものではありません。

ですが、伝えていく事は可能だと考えています。

新しく学ぶ者、新しく伝える事で、伝える側もまた等しく学べるという事を続けていく。

法的、資格的に必要な事はそれに則って指導致します。

また、ロードサービスそのものは24時間体制で対応していますので、睡眠不足にならないように、スケジュールの調整や、出勤時間の調整などを随時行っています。